Omu-tone

Omu-tone

オムトン

Chang-Nong、わかめーる,tkoの3人からなる打楽器ユニット。
2003年の結成以来、マリンバの特徴的な音色を中心に、ジャンベやドラム、コンガ、ピアノなどの様々な打楽器を使い、
軽やかで心地よい音作りを目指して活動を続けている。
そのシンプルでミニマルながらも多幸感にあふれる楽曲はコアな音楽ファンからこだわりのライフスタイルショップまで、はたまた公園や動物園の家族連れまで、多くの人々に愛されている。
これまでにオリジナルアルバム4枚と企画盤2枚を発表。
ライヴではカフェやライブハウスはもちろん、アートスペースや公園など、東京を拠点に気ままで幅広い活動を展開している。

Omu-tone official website
Omu-tone Facebook Page
Omu-tone on YouTube

message

Omu-tone
オムトン
おムトン
とライ ミュージック
なんでだろ
りズムが勝手に踊り出す
 関連書籍:身体感覚の旅

関連書籍:身体感覚の旅

「身体感覚の旅」

〜舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット〜

[ 世界的に著名な振付家レジーヌ・ショピノがアジア,オセアニアのアーティストとともに行ってきたプロジェクト.語り継ぎの文化と身体コミュニケーションの関係を問い直してきたショピノの自伝的エッセイを原文・翻訳文ともに掲載.コミュニケーションにおける身体の役割を美学・哲学的に問うた論考や映像記録とともに,太平洋をめぐる身体の旅を表現する ]

大阪大学出版会

ハグルマ印刷

↑こちらのサイトにはオムトンの「龍」の譜面を元にしたアートワークが載っています。

舞踏家レジーヌ・ショピノのプロジェクトに、Yokohama、New Zealand編にオムトンも参加しました。そのプロジェクトが美しい本になりました。オムトンの「龍」を聞いてショピノが声をかけてくれました。その「龍」の譜面が、アートワークとして載っています。

また「龍 Dragon song」の映像作品も、このプロジェクトで出会った、João GarciaとNicolas Barillot と作ることができました。

Music Videos